閉じる
閉じる
閉じる
  1. これであなたも今日から小顔?!すぐに顔が痩せられる5つの方法
  2. むくみ解消にピッタリ!効果の異なる3大デトックスドリンクまとめ
  3. 体の悪いものを出す〈デトックスダイエット〉で体も肌も美しく!
  4. ダイエットはカロリーと食品選びで決まる!コンビニフードの選び方
  5. サプリに頼らない!自然派向けのダイエットは昔ながらの知恵も大切に
  6. 楽しみながら毎日コツコツ!足やせダイエットの簡単なやり方
  7. もう知らないと恥ずかしい?話題のユーグレナダイエットとは
  8. 料理、掃除、入浴…簡単にできる「ながらダイエット」で楽しく痩せよう
  9. 食事制限なしで痩せたい人におすすめ!パレオダイエットの5つのポイント
  10. ファスティングダイエットの成功のガキは断食前後の過ごし方にあり!
閉じる

ダイエット+(プラス)

ファスティングダイエットの成功のガキは断食前後の過ごし方にあり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
background-906143_1280

今流行りのファスティングダイエット。

ファスティングダイエットは、やり方を間違えると体に悪いダイエット法になってしまいます。また、ファスティングダイエットは、ファスティングを開始する前後もとても大切な要素になっていきます。ただ断食する方法だけでは間違っているのです!

今回は正しいファスティングダイエットとその効果をご紹介します。

成功の明暗を分けるファスティングダイエット前日の過ごし方

大切なのは、ファスティングダイエット前の期間だった!

ファスティングをする前に、準備期間を設けましょう。
いきなり断食生活に入ってしまうと、体がびっくりして、不調を吐き気や頭痛などの不調をきたすことがあります。
また、体が不調な状態に陥ると、満足なファスティングの効果を得ることが出来ないのです。
せっかくファスティングをするのであれば、しっかりとした効果を得たいものです。前日の準備もしっかりとできるように余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

ファスティングダイエット前の過ごし方

ファスティングする前日から食事量を調整し、次の日からの断食に備えます。
なるべく低カロリーで、軽めの内容の食事にしてください。特に、野菜や海藻などを中心とした食事にして、胃に負担をかけないようにしましょう。

またファスティング前日の夜ごはんは固形物を避け、ごはんはおかゆに変えて、量も減らしましょう。自分の体調を見て、一日2食にしても構いません。

これで次の日からのファスティングへの準備は完了!
明日から本格なファスティングダイエットに入ります。

ファスティングダイエット中の過ごし方

ファスティング中、意外と気になる糖分

ついにファスティング期間に入ります。
ファスティング期間中は水だけで過ごしたり、酵素ドリンクやニンジンとリンゴだけの果汁ジュースだけで過ごすことになると思います。

ここで注意していただきたいのは、酵素ドリンクでファスティングする際は必ず水か炭酸水で割ってください。市販の100%果汁のジュースで割る人がいますが、市販のジュースは飲みやすいように糖分がかなり高いのです。

糖分の多いものは、胃に負担をかけてしまうのでファスティングの意味がなくなってしまいます。ジュースで割るのは飲みやすいですが、ここは効果を発揮させるため水か炭酸水の糖分が入っていないものを選びましょう。
おすすめは炭酸水。おなかが膨れて満足感を得られるようになりますよ!

ファスティング中の過ごし方の注意点

ファスティングの効果を効率よく出すために、いくつか注意点があります。
まず、ファスティング中は体や臓器を休ませるという期間ですので、熱いお風呂やサウナにはいるのは避けましょう。
また、激しい運動もNGです。刺激を与えることを避けるため、アルコール、タバコ、カフェインも摂取は避けてください。

空腹でイライラしたりすることもあると思いますが、そんな時はハーブティーなどでゆったりとしたリラックス時間を設けてみてはいかがでしょうか。

体を休めている期間だと思って、リラックスして過ごしましょう。

一番重要なのはファスティングの後の生活!

ファスティングの成功の鍵は回復食期にあり!

辛い断食期間も終わり、次の日からやっと食べられる!と思ってドカ食いをしてしまった…というのは一番良くないパターンです。
そもそも、ファスティングダイエットは食べないダイエットなのでリバウンドしてしまうのではないか?といった心配をよく聞くのですが、
それは、ファスティング後にドカ食いをするパターンの人です。
胃や腸が休まった後は、とても栄養を吸収しやすい状態になっているため、余計リバウンドしやすいのです。

ファスティング後の過ごし方

ファスティング後は回復食期といわれています。
回復食期はファスティングを行った日数と同じ分だけ設けます。1日ファスティングした場合は回復食期1日、3日ファスティングした場合は回復食期3日設けます。
その間は低カロリーで量も少なめ、たんぱく質もあまり取らないようにしてくださいね。たんぱく質は胃に負担をかけやすい栄養素なのです。
私が見ている限り、回復食期の期間が短い人がとても多いように感じます。
やはり、ゆとりを持ったスケジュールを組むことが大切なのです。
この期間を頑張った人ほどファスティングダイエットに成功しています。一番つらいのはこの時期かもしれませんが、頑張ってください!

余裕を持ったスケジュールでファスティングの効果を実感しよう!

ファスティングの効果はこんなにたくさん!

ファスティングにはたくさんの効果があります。
デトックス効果で宿便が排出され、腸がクリアになったり、コレステロール値が下がったりします。
また、リラックス効果もあり、落ち着いた精神状態を取り戻すことが出来ます。
なによりもお肌がきれいになり、美容効果もあるのです。
ファスティングに対してよいイメージを持っていない人もいらっしゃいますが、
体を休めることができて、腸内リセットができる素晴らしいダイエット方法なのです

余裕を持ったスケジュールを組んで効果を実感して

いかがでしたでしょうか。
ファスティングダイエットはただ断食するだけではありません。
前後の期間も含めてファスティングダイエットです。実はとても体に良いダイエット法でもあるファスティングダイエット。
是非、ゆったりとしたスケジュールを確保し正しいやり方で実践してみてくださいね。

新着記事

  1. flower-child-336658_640
  2. tee-638166_1280
  3. 体の悪いものを出す〈デトックスダイエット〉で体も肌も美しく!
  4. ダイエットはカロリーと食品選びで決まる!コンビニフードの選び方
  5. woman-1208328_1280
  6. legs-434918_1280
ページ上部へ戻る