閉じる
閉じる
閉じる
  1. これであなたも今日から小顔?!すぐに顔が痩せられる5つの方法
  2. むくみ解消にピッタリ!効果の異なる3大デトックスドリンクまとめ
  3. 体の悪いものを出す〈デトックスダイエット〉で体も肌も美しく!
  4. ダイエットはカロリーと食品選びで決まる!コンビニフードの選び方
  5. サプリに頼らない!自然派向けのダイエットは昔ながらの知恵も大切に
  6. 楽しみながら毎日コツコツ!足やせダイエットの簡単なやり方
  7. もう知らないと恥ずかしい?話題のユーグレナダイエットとは
  8. 料理、掃除、入浴…簡単にできる「ながらダイエット」で楽しく痩せよう
  9. 食事制限なしで痩せたい人におすすめ!パレオダイエットの5つのポイント
  10. ファスティングダイエットの成功のガキは断食前後の過ごし方にあり!
閉じる

ダイエット+(プラス)

ダイエットはカロリーと食品選びで決まる!コンビニフードの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットはカロリーと食品選びで決まる!コンビニフードの選び方

手軽に食品を調達したい、そんなときに何かと便利なのがコンビニです。それはダイエット中も同じ。しかし、中には高カロリーの食品もあり、注意しないと継続している運動が台無しにという事態にもなりかねません。そこで今回は、ダイエット成功へ向けて、コンビニで食品を選ぶ際に押さえたいポイントをお伝えしていきます。

ダイエット成功の秘訣はカロリーの総量規制

バナナダイエット、納豆ダイエット、糖質制限ダイエット・・・。定期的に○○ダイエットが流行るのはもう皆さんご存知のとおりかと思います。しかし、ダイエットの本質は「何を食べるか」ではなく、「カロリーをどの程度抑えるか」ということです。

例えば糖質制限ダイエットで効果を感じている人も多いですが、結局は総カロリーを減らしているにすぎません。カロリーの元となる糖質、たんぱく質、脂質の中で通常人間が最も摂取するのは糖質で、通常だと総カロリーの50%から60%を占めるのですから、その糖質の摂取量を減らせば、総カロリーを抑えることができるのは当然のことです。

このように、よく言われるダイエット法も結局のところカロリー制限を目指しているのです。とにもかくにもダイエット成功を目指すのであれば、カロリーの総量規制を意識しましょう!

高カロリー代表 菓子パン、おかずパンに注意

それでは摂取カロリーを抑えるためには、コンビニで食品を選ぶ際、どのような食品を選べばいいでしょうか。まず絶対に注意しないといけないのはパン類です。購入前に菓子パンやおかずパンのカロリーを見て思わず元の棚に戻す人も多いかもしれません。例えばクリームパン。小さいクリームパンが5個入りのものだと合計して600kcalを超えます。おかずパンにしても中にコロッケやミンチカツなど揚げ物が入ったりするとカロリーは跳ね上がり、1個で600kcalを超えるパンもあります。

コンビニで主食を買うときはパン類ではなく、およそ170kcalのおにぎりにする。これを意識するだけで栄養バランスがよくなりやすいですし、摂取カロリーも大きく減らすことができます。

甘いものが食べたい!そんなときはアイスをチョイス

ダイエット中だけど甘いものをどうしても食べたい。そんなときも当然あるでしょう。洋菓子ではなく和菓子にするというのも1つの方法ですが、いまいち満足感を得られない人におすすめのものがあります。それはアイス。菓子パンなどに比べて水分の量が多いため、必然的にカロリーが下がるのです。アイスクリームよりもアイスキャンディーの方がカロリーは低いですが、アイスクリームでも菓子パンなどに比べるとぐっとカロリーが低くなります。特に水分によって、満腹感を得られやすい人にはアイスは意外とダイエットに役立つのでうまく取り入れていきましょう。

極端に食べ物を制限し過ぎてストレスがたまってしまっては、なかなかダイエットも成功しません。よく頑張った自分へのご褒美でたまにアイスをチョイスするのはありです。

満たせ、胃袋!話題のあのチキンもおすすめ

コンビニで買うのは何も炭水化物ばかりではないでしょう。栄養をバランスよくとれるのがコンビニの良い所でもあります。特にダイエット中はたんぱく質が不足がちで、意識して取らないと健康を害するおそれもあります。そこで、近年注目されているのは鶏むね肉を使ったサラダチキン。食べごたえがあり、低カロリーで味もよいと大手コンビニで相次いで発売されました。フライドチキンと比べると100グラムあたりのカロリーは約1/3です。ダイエット中の貴重なたんぱく源にすることができ、例えばスポーツジムでトレーニングしたあとに食べると筋量と基礎代謝向上にもつながるのでおすすめです。サラダといっしょに購入し、ノンオイルドレッシングと一緒に絡めて食べる人も多いようです。

コンビニフードダイエットは少しずつがコツ

さて、ここまでコンビニフードの選び方についてまとめてきましたが、量自体を大きく減らさなくても、普段買っていた食品を違う食品に換えることでカロリーを抑制できることがわかったかと思います。パン類をおにぎりに、デザートをアイスに、フライドチキンをサラダチキンに。種類が豊富なコンビニだからこそできる工夫です。

人間の身体は基本的に急激に痩せられないようにできています。空腹の時間が長いと、人間の身体は飢餓状態だと判断し、エネルギーを貯蔵。なので、人間の摂理にあったダイエットを考えた場合、少量の食べ物を回数多く食べるのが効果的であって、空腹の時間が長いと逆効果にもなりかねません。実際、減量に励むボクサーも1日に少量の食事を複数回とるようにしているようです。その点から考えると、コンビニの食品は1個あたりの分量が少なめなので、少しずつ様々な食品を食べることができ、便利です。

痩せやすい体。それには、基礎代謝を上げることが大切です。
一言でいうと「生活習慣を改善する」のが近道です。

出典:www.saznet.jp

急激に体重を落とすことは筋量の低下と基礎代謝の低下をもたらして、リバウンドしやすい身体へと変化していくことになります。コンビニを利用して少しずつ総摂取カロリーを減らしていき、楽しみながらダイエットに励んでいきましょう。

関連記事

  1. woman-1208328_1280

    サプリに頼らない!自然派向けのダイエットは昔ながらの知恵も大切に…

  2. soup-pattern

    空腹と戦わず、栄養も摂ってムリなく痩せる!いろんな種類のスープダ…

新着記事

  1. flower-child-336658_640
  2. tee-638166_1280
  3. 体の悪いものを出す〈デトックスダイエット〉で体も肌も美しく!
  4. ダイエットはカロリーと食品選びで決まる!コンビニフードの選び方
  5. woman-1208328_1280
  6. legs-434918_1280
ページ上部へ戻る